2017-10-15

【結果】東芝vsドコモ

東芝vsドコモですが
東芝の勝利。(32-18)

ボーナスポイントも獲得しました。

カフイ選手の復帰は
やはり非常に大きいです。

トライに絡む重要な場面では
彼の働きがトライに大きく貢献をしていました。
 
 ・2トライ目のトライ
 ・3トライ目の片手のナイスキャッチとアシスト
 ・5トライ目に繋がるラン

このゲームも厳しかったですが
苦しい時にトライを取れたのは
このゲームの良かった点だと思います。

前半早々にトライをとったものの
そのあとは、チャンスが次々潰れ、
流れが非常に悪くなりそうな前半最後に
トライを取れたのは、後半に向けて
効果的でした。

また、4点差に迫られたときの
石井選手のスーパーなハイパントキャッチ、
凄いステップのフェイントでトライに繋がるパス、
松延選手も難しい体勢からのトライ。

試合を決したスーパープレーで、チームを助けました。

どちらも苦しい時間による
非常に大きなトライだったと思います。


このゲームではセットプレーが安定していたのが
良かったですね。

ラインアウト、スクラムともに9/9でした。

しかし、このゲームでもスクラムで圧力をかけるまでには
いかなかった点、(圧倒出来なかった)、ラインアウトモールの
チャンスは何度もありながら、トライまでいけない点も
今季、先季の東芝の苦しい弱みです。


注目していたディフェンスですが
このゲームは押し上げを少し控え目にして
ディフェンス同士の隙間が空かないよう、丁寧に守っていました。

中央により過ぎず、大外も
空かないよう、気を配っていたこともあり
大外からあっさり行かれる場面もほとんどありませんでした。


他にこのゲームで良かったのは、
ナイスタックルの連発のムーア選手、
トライをアシスト+自分でトライと活躍した藤原選手、
ほかにも好プレーもいろいろありました。

苦しみながらも5トライ取っての
嬉しい勝利でした。

これで3連勝。

まだまだチーム力は万全ではないですが
少しずつ状態を上げていってもらいたいと思います。

お疲れさまでした。










スポンサーサイト

2017-10-13

メンバー発表【東芝vsドコモ】

ドコモ戦のメンバーが発表されました。

東芝ブレイブルーパス

# NAME Cm/Kg
1 三上正貴 178/114
2 湯原祐希 173/108
3 浅原拓真 179/112
4 ジェームス・ムーア 195/108
5 小瀧尚弘 194/110
6 山本紘史 183/100
7 藤田貴大 176/96
8 リーチマイケル 190/110
9 藤原恵太 173/80
10 大島脩平 178/86
11 石井魁 178/85
12 渡邊太生 182/92
13 リチャード・カフイ (Cap) 190/102
14 宇薄岳央 180/87
15 コンラッド・バンワイク 183/88
16 橋本大吾 174/103
17 田中圭一 181/119
18 知念雄 183/120
19 大野均 192/104
20 リアム・メッサム 188/108
21 藤井淳 170/80
22 松延泰樹 185/93
23 豊島翔平 173/87

NTTドコモレッドハリケーンズ

# NAME Cm/Kg
1 岡部瞬 175/105
2 吉田伸介 174/96
3 北島大 175/103
4 ヴィンピー・ファンデルヴァルト 188/106
5 イオンギ譲 187/122
6 土屋鷹一郎 187/105
7 大椙慎也 187/97
8 秦啓祐 181/87
9 井之上明 168/73
10 佐藤善仁 178/84
11 藏田知浩 180/83
12 パエアミフィポセチ 178/108
13 清瀬岳大 181/91
14 ジョセファ・リリダム 190/97
15 リアン・フィルヨーン (Cap) 185/98
16 牛原寛章 175/104
17 田邉篤 173/105
18 指田宗孝 176/115
19 ライアン・カンコウスキー 193/106
20 横山大輔 183/97
21 小樋山樹 170/79
22 金勇輝 176/89
23 久内崇史 184/90

東芝は、カフイ選手が久々の復帰です。

大野選手もリザーブに入りました。

心強い選手が戻ってきたのは
大変嬉しいことです。

カフイ選手は、チームの攻守の要なので
オフェンス力、ディフェンス力が上がることは
間違いないと思います。

大野選手も地元でのゲームなので
いつもより気合が入ったプレーを見せてくれそうです。

東芝は、前節のゲームで見せたように
ディフェンスには構造的な欠陥がある状態です。

カフイ選手の復帰でディフェンスは良くはなるとは思いますが
チームとして、どうディフェンスの対策を立て、立て直して
いくのかを個人的には注目して観戦したいと思います。





2017-10-08

【結果】東芝vsコーラ

東芝vsコーラ戦ですが
33-24で東芝の勝利です。

東芝は
相変わらずディフェンスが酷いです。

コーラは、攻めれば必ずトライを
取っていたような印象のゲームでした。

今シーズンの東芝は
苦労して、時間をかけてようやくトライを取っても
トライを取られるのは、非常に容易く、あっという間です。

コーラの1回目のトライは
東芝の渡邉選手が中に寄ってしまった判断ミスによる失点かと思います。

中に寄ったことにより、外が一人がら空きになりました。

今シーズン、
この判断ミスによる失点がいくつか発生しています。

今季の東芝は、前、前へ積極的にディフェンスラインを
押し上げて、プレッシャーをかけようとしているので
前への意識は強いですが、外や後ろへの意識がその分
薄くなり、視野が狭くなっている印象です。

他のチームはすでにそれを把握しているので
大外が完全に狙われて、どんどんチャンスメイクされて
しまっています。

今の東芝のディフェンス方式
(前へ前へプレッシャーをかけ続け、スペースを与えないやり方)
を保つためには、個々人の高い判断力と凄い運動量が必要となります。

これだけ簡単に崩されているということは
判断力も運動量も不十分なのは明白です。



もう一点、気になったのは
アンストラクチャーやチャンス時における
精度、判断力の低さです。

17分のチャンスのシーンでは
一連の流れで3回連続でミスが起きます。

1回目。
小瀧選手がリーチ選手にパスをしますが
相手ディフェンスがすでに近くにいるので
非常に危険なパスですが、パスのスピードも遅く
パスの判断・精度、どちらも酷いものでした。

リーチ選手が好判断で
そのボールを外へタッチパスしたので
良かったですが、それを受けた
宇薄選手は松延選手へスローフォワードパス。(2回目)

そのときはホイッスルはならず、
そのままプレーは続き、松延選手は
外はスペースがほとんどないにも関わらず
外へ抜きに行く判断をして、外へ簡単に押し出されて
チャンスがつぶれます。(3回目)

この一連の流れは見ていて
どれだけレベルが低いんだとガックリしてしまいました。

東芝は先シーズン、今シーズン、アンストラクチャーやチャンスの時になると
一気に判断やプレーの精度が悪くなります。

アンストラクチャーをシミュレーションした練習が
明らかに不足していると思います。



このゲームで良かったのは
セットプレー。

スクラム、ラインアウトは安定していましたし
トライに繋がっていました。

セットプレーやモールでこのゲームのように強さを
発揮出来れば、ゲーム運びも上手くいくはずですが
先期、今季はそれが出来ないゲームが多すぎて、苦しいです。



個人では、リーチ、バンワイク選手が良かったです。

リーチ選手は、ほとんどのトライに絡んで
個々の判断もプレーの精度も完全にワールドクラスで
別格です。

バンワイク選手はキック、ランも良かったです。

コーリージェーン選手も流石の上手さを見せていました。


逆に良くなかったというか
非常に残念だったのは、小瀧選手。

下記の3つのプレーは集中力、気合のなさを
よく表したプレーに感じました。

・17分の上記のプレー(パスの判断と精度のミス)
・コーラの2本目のトライでの一連の流れで見せた
 戻りの遅さ、運動量のなさ
 →早く戻っていれば、相手選手がフリーになることもなかったと思われる。
・58分のリスタートのキックのキャッチミス。
 →トライを取ったあとに、速攻でトライを取られたきっかけとなったプレー。


全体的に今の東芝のチームを見ていると、一部の選手を除き
プレーや判断のミスが多く、判断力やプレーの質も低いというのが
見ていての正直な思いです。

このままいけば
今シーズンも必ず苦しいシーズンになると思います。

そんなことを感じさせる一戦でした。













2017-10-05

メンバー発表【東芝vsコーラ】

コーラ戦のメンバーが発表されました。

コカ・コーラレッドスパークス

# NAME Cm/Kg
1 田中智広 176/108
2 原山光正 177/105
3 猿渡康雄 182/114
4 マーク・アボット 197/112
5 川下修平 185/96
6 桑水流裕策 189/103
7 山下昂大 (Cap) 180/93
8 豊田将万 189/103
9 香月武 174/81
10 南里新 172/83
11 猿楽直希 180/83
12 ティモシー・ラファエレ 186/98
13 ウィリアム・トゥポウ 187/101
14 吉澤太一 175/80
15 ピータースダニエル 180/87
16 中村篤郎 174/100
17 茅島雅俊 174/105
18 日比野壮大 180/109
19 筬島直人 187/97
20 有田将太 175/86
21 江頭翔太 173/74
22 山田久寿 181/82
23 小柳泰貴 177/85

東芝ブレイブルーパス

# NAME Cm/Kg
1 三上正貴 178/114
2 湯原祐希 (Cap) 173/108
3 浅原拓真 179/112
4 ジェームス・ムーア 195/108
5 小瀧尚弘 194/110
6 山本紘史 183/100
7 藤田貴大 176/96
8 リーチマイケル 190/110
9 藤原恵太 173/80
10 大島脩平 178/86
11 コーリー・ジェーン 183/91
12 渡邊太生 182/92
13 松延泰樹 185/93
14 宇薄岳央 180/87
15 コンラッド・バンワイク 183/88
16 森太志 175/100
17 田中圭一 181/119
18 知念雄 183/120
19 梶川喬介 190/109
20 リアム・メッサム 188/108
21 藤井淳 170/80
22 石井魁 178/85
23 豊島翔平 173/87

東芝は、何名かメンバーが前節から変わっています。

藤田選手の復帰は
チームにとって大きいと思います。

彼の存在は、これからの東芝にとっては
キーになると思っています。

大野選手が長いこと東芝のフォワード、チームを
苦しいときに鼓舞したように、藤田選手の惜しみない奮闘は
チームを鼓舞すると勝手な個人的見解ですが
そう思っています。

9には、藤原選手が先発です。

9、10というチームにとって非常に重要なポジションを
1年目の選手が取れてしまう、
1年目の選手や他のポジションの選手に頼らざる得ない、
苦しいチーム状態です。

このポジションの強化は、今のチームにとって
最も重要な強化ポイントになります。

私は藤原選手のプレーを見たことはないので
見るのは楽しみですが、緊張で本来のプレーが
出来なくならないことを願っています。

東芝は、前節で悪い内容ながらも
連敗脱出しました。

これで少しは何かが変わるか
何も変わらないか。

そう簡単にチームは変わらないと
私は思っていますが、そんな予想を
覆してもらいたいと思います。





2017-09-29

【結果】東芝vs豊田自動織機


東芝vs豊田自動織機ですが
東芝の辛勝でした。

東芝、弱いなあ。

このゲームを見ての率直な感想です。


このゲームに限らないですが、
本当に強みのないチームになってしまいました。

スクラムやラインアウトのセットプレーの強さを発揮するのか
バックスでの展開力か、
ディフェンス力か、
アンストラクチャーでのカウンター力なのか
いろいろチームとしての強みが必要だと思いますが
このゲーム・今シーズンを見ていると
どこを強化して、どこで他チームを圧倒しようと
しているのかが、見えません。

チームの方向性が見えません。

目指すべきスタンディングラグビーとはどんなものかが
よくわかりませんが、チームとしての方針とそれに向けての強化と
補強がなければ、今季はこのような強み・特徴のないままの
チームとして終わることが明らかな気がします。

首脳陣が変わったばかりなので
気長に待つしかないのかもしれませんが
時間と共にチーム力が低下していきそうで
心配です。



選手の方に目を戻しますが
初めての先発出場の山口選手は
最初のトライのキックは良かったですが
28分の自陣からの焦ってのリスタートからのノックオン、
宇薄選手がこけたことでトライ献上となったチップキックへの
反応のなさ、消極性には大変がっかりしました。

あれだけ危険なキックを相手が蹴っているにも
関わらず、自分で取りに行く気配もなく、
相手任せの態度は、選手としての気質の程度の低さを
感じざるえませんでした。

厳しい言い方ですが、素直にそう感じました。


10として、出場の大島選手ですが
無難にこなしましたが、プレーの選択肢が少なく
相手の守備陣にとっては非常に守りやすい攻撃しか
展開出来なかったと思います。

相手のディフェンスラインの薄く、少ないところを
攻められれば、良かったですが、そこまで
相手のディフェンスの状況が掴み切れていないからか、
横への展開しか中々出来なかったように感じました。



一方、石井、松延、リーチ、バンワイク選手は
良い動きをしていたと思います。

松延選手は、攻守に強さ・粘りを見せて
アタックでも良いランをしていましたし
タックルも良かったです。

バンワイク選手がいなければ
このゲームはさらに厳しいものだったと思います。

パスもランもキックも
高い質で、今は東芝にいなくてはならない
存在に感じます。



このゲーム、勝利はしましたが
非常に残念な、落胆させられるゲームでした。







プロフィール

ルーパス好き

Author:ルーパス好き
東芝ブレイブルーパスに関連したブログはないようなので、始めてみました。

ラグビーファン、東芝ブレイブルーパスファンが少しでも
増えることを願っています。

よろしくお願いします。

良いと思われましたら、一回クリックをお願い致します。

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
東芝ブレイブルーパス応援ブログ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
384位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラグビー
7位
アクセスランキングを見る>>
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
FC2投票
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR