--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-01-15

【結果】東芝vsパナ

本日行われた東芝vsパナは
東芝の敗戦。

パナは主力を外し、かつ特にモチベーションも
高くないと思われる状態でしたが、見事勝利。

一方の東芝は現状のベストメンバー、
湯原選手の100キャップ記念ゲーム、
今季最後のゲームという重要なゲームという位置付けのはずでしたが敗戦。

現状の東芝の力はこれだけパナと離れてしまっているという
ことを示す結果となりました。


東芝は前節に比べ、攻撃の各人のポジショニング、ブレイクダウンでの集散、
ディフェンスの整備では、改善はされていたと思います。

しかし、重要なところでのミスが悉く、チャンスを潰します。

キックの痛いミスは6、7回あったように思います。

特に森田、田村選手のキックミスは
選手、首脳陣、ファンをがっかりさせるものでした。

芝が悪いという言い訳は
パナの森谷選手が全てのPGを決めている中では
通用しません。

ミスも敗戦も全て選手の力が足りないというだけなので
一つ一つ技術を高めていくしか、道はありません。



このゲームで特に印象に残ったのは
パナ布巻選手、東芝リーチ、徳永、カフイ、梶川選手。

布巻選手は、いつも通りではありますが
所々で凄い技術を見せてくれます。

リーチ、カフイ選手は攻守でチームを引っ張る
貢献度の高さ。

梶川選手は、より上手く、強くなりました。

地味ですが、良いプレーを見せてくれます。

徳永選手は途中からですが
ボールへの絡みや攻撃やディフェンスの強さは
一級品です。

ブレイクダウンでの絡みの上手さは
東芝の中でも群を抜いています。



逆の意味で目についたのは
メッサム選手。

彼のところで今回3回近くターンオーバーされたと思います。

倒れたときのボールの守り方にもう少し
工夫や上手さがないものかと思ってしまいます。


トリッキーなパスも好きな選手ですが
他の選手がほとんどキャッチ出来ておらず、ノックオンに繋がっています。

重要な局面で普通にパスが出来るときでも
わざわざトリッキーパスを選択して、ノックオンが発生してしまうときは
これ以上勿体ないことはないと思います。

このゲームでもカフイ選手へのパスで
チャンスが潰れていました。


規律(ペナルティ)の面でも気になる点は
何度もありました。


彼のことは応援はしていますし、
彼の頑張りやリーダーシップは好きです。

オールブラックスのキャップも持っている偉大な選手ですが
現状の力はラグビー面で超一流とは言えないというのが個人的印象です。


あとは今季中盤辺りからずっと課題だと思っていましたが
ロングキッカーの不在は東芝の弱点となっています。

昨年までいたステイン選手が抜けて
ロングキッカーがいなくなりました。

バンワイク、田村選手は
飛距離が稼げるキッカーではありません。

昨年に比べ、今季フォワードの体力的、精神的負担は
全く違うと思います。

自陣で戦うことが圧倒的に増え、
失点の増加に直結しています。

ロングキッカーの不在は
大きな弱点です。




このゲームで東芝の今季は終わりました。

今までで最低の9位という結果です。

会社の今後が不透明な状況で
ラグビー部への影響もわからない状況です。


しかし、こんな状況でも
多くの東芝ラグビーファンがいることは間違いありません。

私もこれからも応援し続けていきたいですし
勝手なことを発信し続けている当ブログですが
これからも続けていきたいと思っています。

残念ながら東芝のシーズンは終わってしまったので
更新頻度は今まで以上に減ると思いますが
これからはしばらく代表、サンウルブズで頑張る東芝の選手の
ことなんかについても書いていくことになるかと思います。

とりあえず、これで東芝の今シーズンは終了となります。

東芝の選手、首脳陣、多くの関係者の方、全てのファンの方、
本当にお疲れさまでした。







スポンサーサイト

2017-01-12

メンバー発表【東芝vsパナ】

今週末のメンバーが発表されました。

東芝ブレイブルーパス

# NAME Cm/Kg
1 三上正貴 178/115
2 湯原祐希 173/102
3 浅原拓真 179/113
4 梶川喬介 188/105
5 小瀧尚弘 194/110
6 リアム・メッサム 188/108
7 山本紘史 183/100
8 リーチマイケル 189/105
9 小川高廣 172/73
10 森田佳寿 (Cap) 173/85
11 松延泰樹 186/92
12 渡邊太生 183/94
13 リチャード・カフイ 190/101
14 石井魁 178/85
15 宇薄岳央 180/88
16 知念雄 183/125
17 橋本大吾 174/106
18 深村亮太 186/122
19 大野均 192/105
20 徳永祥尭 185/100
21 藤井淳 170/77
22 田村熙 175/85
23 コーリー・ジェーン 183/91
パナソニック ワイルドナイツ

# NAME Cm/Kg
1 稲垣啓太 186/116
2 堀江翔太 180/104
3 平野翔平 178/125
4 谷田部洸太郎 190/107
5 飯島陽一 190/102
6 長谷川崚太 188/100
7 布巻峻介 (Cap) 178/96
8 ベン・ガンター 192/115
9 田中史朗 166/72
10 森谷圭介 184/90
11 福岡堅樹 175/83
12 林泰基 176/85
13 リチャード・バックマン 184/94
14 タンゲレ・ナイヤラボロ 195/125
15 笹倉康誉 186/92
16 坂手淳史 180/104
17 田村エムセン 184/106
18 ヴァルアサエリ愛 187/115
19 三上匠 192/103
20 谷昌樹 180/95
21 内田啓介 179/86
22 百武優雅 174/82
23 北川智規 174/80

パナは、ポーコック、バーンズ、ヒーナン、山田選手らのキーマンを
外した1.5軍メンバーとなっています。

パナは、このゲームを消化試合と位置づけていることを
分かりやすく示しています。

日本選手権にしか、もう目は向けていないということになります。

東芝のメンバーは、このパナのメンバーを見て
どう思うのかわかりませんが、私が選手の立場であれば
屈辱的な気分がしている可能性が高いです。

逆の立場であれば、パナと同じ選手構成をしているだろうから
選手によっては全く何も思わない選手もいるかもしれません。

しかし、最もキーとなる主力勢を外している
このパナのメンバーに、サントリー戦のような負け方をすれば
東芝の選手のプライドは再び大きく傷づけられる
ような痛手を負うことになるでしょう。

そういう意味で東芝にとっては非常に大きな試合かも
しれません。

正直、東芝側に大きな期待をしているわけではないですが
最後ぐらい、各選手の意地、力、気持ちを見せてくれることを
望んでいます。

湯原選手の100キャップという
大事なゲームを大切に戦ってもらいたいと思います。

一つ一つのプレーが雑であった前節。

一つ一つのプレーを大切にすること
ボールを大切に扱うこと
ミスを減らせる一番の近道かもしれません。





2017-01-08

【結果】東芝vsサントリー

東芝vsサントリー戦、
0-48という大差で敗戦。

サントリー戦でこれだけの大差は初めてのような気がします。

ゲーム序盤から、サントリーの動き、反応の良さが
際立っていました。

東芝はそれについていけていないな、というゲームの入りが
最後まで継続しました。



ゲームを見ていて、非常に顕著だと思った点は
サントリーの「自信」と東芝の「迷い」が各選手のプレーを見ながら
滲み出ていたところです。

サントリーは、チームの方向性が決まっていて
選手が同じ方向を向いていて、イメージが共有出来ている。

なので、選手に迷いがない、プレーの選択に自信を持っている
そんな印象を受けました。

勝利が継続出来ていることもチームに自信を与えているのだと思います。



一方の東芝はチーム、首脳陣の迷いが
チームの方向性も迷走させているように感じます。

選手のプレーの迷いや自信のなさがプレーに表れているように
感じます。

パスが中途半端でハンドリングエラーが何度も出ていたのは
その表れかと思います。

各選手がやろうとしていることも統一されていないので
動きがバラバラになっていて、イメージが共有できていない。

サントリーのディフェンスの良さ、反応の良さ、
そのプレッシャーからミスを誘発させられているという面も
もちろんありますが、東芝は選手に迷いや自信のなさが
明らかに感じられます。

今季の多くの敗戦のダメージは非常に大きいのだと思います。


サントリーは非常に今のチーム状態は良いですね。

ここ数年で一番良いかもしれません。

ジョージスミス、ドナルド、小野選手らの上手さや強さに加え、
なかづる、流選手といった若手の鋭さが上手く融合されています。



東芝は、各選手どうこうより
チームの方向性、首脳陣の方向性、
どのようなチームをつくり、どこを強化し、どの点で
勝負をするのか、ここを明確にすることが
今、一番重要なのかなと、このゲームを見て感じたところです。

素人目の勝手な解釈ですが、
今季の苦戦の要因の一つが
自分なりにようやく見えた気がします。



こんな大敗の中、
10番の森田選手、
私は東芝の中でこのゲーム一番良かったと思います。

他の選手の中にある迷いが感じられなく、
自信や強い意志がプレーに感じられました。

あまり精神論に頼りたくはないですが
やはり精神というのは重要だと改めて再認識させられました。




2017-01-05

メンバー発表【東芝vsサントリー】

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

新年早々体調崩し、今も体調が戻っていないため
簡単な更新にて失礼致します。

申し訳ないです。

サントリーサンゴリアス

# NAME Cm/Kg
1 石原慎太郎 181/105
2 青木佑輔 176/97
3 畠山健介 178/113
4 ジョー・ウィーラー 200/114
5 真壁伸弥 192/119
6 ツイヘンドリック 189/110
7 ジョージ・スミス 180/104
8 竹本隼太郎 180/103
9 流大 (Cap) 166/71
10 小野晃征 171/82
11 江見翔太 180/95
12 スティーブン・ドナルド 186/96
13 村田大志 182/81
14 中づる(雨冠に隹・鳥の順)隆彰 177/80
15 塚本健太 177/80
16 中村駿太 176/105
17 森川由起乙 180/106
18 須藤元樹 173/110
19 篠塚公史 197/105
20 小澤直輝 182/103
21 日和佐篤 166/72
22 デレック・カーペンター 183/95
23 松島幸太朗 178/87

東芝ブレイブルーパス

# NAME Cm/Kg
1 三上正貴 178/115
2 湯原祐希 173/102
3 浅原拓真 179/113
4 梶川喬介 188/105
5 大野均 192/105
6 リアム・メッサム 188/108
7 山本紘史 183/100
8 リーチマイケル 189/105
9 小川高廣 172/73
10 森田佳寿 (Cap) 173/85
11 松延泰樹 186/92
12 渡邊太生 183/94
13 リチャード・カフイ 190/101
14 石井魁 178/85
15 コンラッド・バンワイク 183/85
16 知念雄 183/125
17 橋本大吾 174/106
18 深村亮太 186/122
19 小瀧尚弘 194/110
20 徳永祥尭 185/100
21 藤井淳 170/77
22 増田慶介 183/96
23 宇薄岳央 180/88

東芝は大野選手が先発復帰です。

そして、森田選手が10番で先発です。

富岡監督の覚悟が感じられるメンバーです。

富岡、森田体制の覚悟でしょうか。

これだめなら、致し方ないという思いが
感じられます。

普通に考えれば、10番はバンワイク選手が
適任であることは間違いないはずですが
それはわかったうえでの采配だと思われます。

結果がどう出るかはわかりませんが
東芝らしいといえば、らしい選択なような気もします。

会社が危機的状況の今、
多くの関係者が不安や失望の状況にある中、
少しでもそんなことを忘れさせてくれるような
ゲームを見せてくれることを期待したいと思います。


2016-12-25

【結果】東芝vsトヨタ

土曜日の東芝vsトヨタ戦。

トヨタ側のペナルティーに助けられ
勝利が転がり込んできました。

言葉は悪いですが
ゲームのレベルが
中堅チーム同士の闘いということを物語るもので
どちらのファンにとってもフラストレーションの
溜まるゲームだったように感じました。

ミスもペナルティーも多く
ディフェンスも荒いため、シーソーゲームで
締まったゲームとは程遠いですね。

東芝のトライ自体は良いものだったため
序盤は期待は出来るかと思いましたが、攻撃の精度も
守りの精度も高いものではありませんでした。

特にブレイクダウンや密集時で
ボールがしっかりキープできないのが
今シーズン目につきますね。

ボールを持っている選手のスキル、集中力の
問題でもありますが、サポートの人数のかけ方、周辺にいる選手でボールへ目を離す選手が多いこと
(9番の責任は大きいと感じています)も関係しているように思います。

今季は密集にかける人数を減らして
外に人数を残しているように見受けられるので
その闘い方の弊害が出ているんですかね。

こういう密集時に簡単にターンオーバーされ
カウンターをくらうとディフェンスは整っていないので
いとも簡単にトライを取られてしまいます。

悪い点ばかり挙げても
きりがないので、良い点について。

10番のバンワイク選手は田村選手より
断然、効果的というのはこの2試合でよくわかりました。

バンワイク選手は何より相手のディフェンス陣の
動きが良く見えています。

この点が決定的に違います。

サッカーでもそうですが
このスキルというのは非常に重要なスキルです。

相手の動きに合わせ、最適な手段を選んでいく。

田村選手は大学時はこれが出来ていましたが
15番であったことでスペースや考える時間が
10番よりあったことでそれが出来ていたように思います。

このゲームで途中交代してから
この点を注目してみていましたが
全く相手の選手が見えていないようなプレーで
インターセプトをされそうな危険なパスが何回か
ありました。

現状ではバンワイク選手の方が
良いのは間違いないようです。

選択肢も多いし、ランでしっかりと
ブレイクできるのが、大きいです。

山本、梶川選手も良い動きをしていたと思います。

宇薄も非常に良いですね。

15番は安定感がやはり重要です。

何ともスッキリしない勝利でしたが
残り2試合で力を出し切ってもらいたいと思います。









プロフィール

ルーパス好き

Author:ルーパス好き
東芝ブレイブルーパスに関連したブログはないようなので、始めてみました。

ラグビーファン、東芝ブレイブルーパスファンが少しでも
増えることを願っています。

よろしくお願いします。

良いと思われましたら、一回クリックをお願い致します。

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
東芝ブレイブルーパス応援ブログ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
884位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラグビー
11位
アクセスランキングを見る>>
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
FC2投票
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。